渓仁会グループ 医療・保健・福祉の複合事業体

初期研修プログラム

  • HOME
  • > 初期研修プログラム

初期研修プログラム

概要

初期研修プログラムの概要はこちら ≫手稲渓仁会病院初期研修プログラム

初期研修からのメッセージ

ジュニアレジデント1年目 藤本明子

初めまして。手稲渓仁会病院内科系初期研修医1年目の藤本 明子です。出身も大学も関西で、北海道とは縁もゆかりもありませんが、素敵な仲間、先輩、患者さんに恵まれ、毎日楽しく研修しています。

手稲渓仁会病院の特徴は、Morning report などのレクチャーが多いことや、論理的思考を身につけさせてくれること、プレゼンテーションが格段に上手くなるなどと聞いていました。実際に働いてみると、上記のことはもちろん、それに加えて何より研修医同士の仲が良く、上級医も思いやりに溢れていることが一番の魅力だと思います。研修医ひとりひとりのことを想ってくださり、成長できるように配慮してくださっていることが随所で感じられます。忙しい業務に追われ、心が折れそうになることもありますが、同期、先輩、患者さんのあたたかさに救われてなんとか頑張っています!

さて、話は変わって手稲渓仁会病院の初期研修はいくつかのコースに分かれています。内科系コース、外科系コースなど複数存在しますが、私はその中でも内科系に統合された家庭医療コースに属しています。

家庭医療コースは、他のコースと違って1年目から週に1回外来を経験します。自分の外来枠を与えてもらい、初診でみた患者さんのフォローも行います。感冒で来院した気管支喘息のお子さんを、その後も外来でフォローしつつ、病棟では気管支喘息を背景に肺炎に罹患した患者さんの治療を行うなど、予防やコントロールの大切さを1年目から肌で感じることができるのは、このコースならではだと思います。
クリニックのみなさんは本当に優しくてあたたかい雰囲気に溢れています。ぜひ一度見学にいらしてください!

fujimoto研修医室での1コマ。1-3年目まで全員一緒の部屋で、
何でも相談できる環境です。(本人:右)

 

研修医の一日

edagawa-syunjiPGY1の一日~循環器内科編~ 枝川 峻二

【6:00 病院へ】
研修医の一日の始まりは早いです・・・。しかしこれも仕事、がんばらねば!

【6:15~7:00 プレラウンド】自分の受け持ち患者のところに一人で回診を行います。急変していないか、何か夜に変化はあったか確認し、プレゼンに備えます。

kensyuui_1day01【7:00~7:30 PGY3Drに申し送り】
夜のイベントや、現行の治療、今後の治療方針など、簡単にPGY3にプレゼンを行います。

【7:30~8:30 モーニングレポート】
今日の発表は何かな~??平日は毎日あります。なかなか患者の急変等で出席できないことも多々ありますが、研修医は原則出席しなければなりません。

kensyuui_1day02【8:30~ 指示出し】
午前中は基本病棟での指示出しです。循環器は患者さんの数も多いもので、指示出しが大変です。ひたすら指示出しです。なんとか締め切り前に終わらせたいのですが、急患等で呼ばれて締め切りを過ぎることも多々あります。
そういう時は、素直に看護師さんに謝りましょう。コメディカルとの付き合いは非常に大事ですよ!!

【空いた時間にお昼ご飯】
kensyuui_1day03時間が空いたら、お昼ご飯です。働いたら腹は減るもの。つかの間の休憩です。食べられるときにしっかりと食べる。これ鉄則。
食堂にみんなでご飯を食べにいきます。研修医同士仲がいいです。ほんとに。

【午後~ カンファレンス】
上級医の先生を交えてカンファレンスをします。ここで、自分の受け持ち患者さんの状態等を朝のプレゼンと同じようにします。厳しいツッコミをされることも多々ありますが、やはり上級医から直接指導を受けられるカンファレンスは勉強になります。

kensyuui_1day04【午後~ カルテ書き】
カンファレンス後は基本的にカルテ書きです。急患がきた時はそちらの対応も上の先生と共にします。急患きたらバタバタして、なかなかカルテを書く時間がありません。

 

【帰 宅】
kensyuui_1day05帰宅時間は日によってまちまち。急患や急変次第といったところです。毎日なかなかハードな日々ですが、充実した毎日です。一緒に回る相方がいるというのも、大変心強いですよ~。共に苦労した分仲良くなれます。多分(笑)

 

 

PGY1の流れとしては、こんな感じです。しかし、科によって大変度の差はひじょ~~~にあると思います。屋根瓦によって指導体制がしっかりしているので、どの科にいっても大丈夫!!みんなが君がくるのを待ってます!見学・実習はお気軽にどうぞ。

Copyright © Keijinkai Group. All Rights Reserved.