渓仁会グループ 医療・保健・福祉の複合事業体

フェローシップの制度について

  • HOME
  • > フェローシップの制度について

フェローシップ

フェローシップの制度について

2012年度 家庭医療後期研修プログラム修了 フェロー  古堅高之

はじめまして。 私は、今年度から新たに設立したフェローシップ枠で、家庭医としてさらにレベルアップすべき研鑽中であります!!

なぜ、フェローシップに進むことを決めたか。 当クリニックの後期研修プログラムで3年間の研修を終え、家庭医として必要最小限の事を学び、個々に対応する能力は一通り身につけました。そして、外来、訪問診療、緩和ケア病棟での研修をしていく中で、都市型クリニックが担う重要性を強く実感しました。 都市部では色んな科にかかれる利点がある一方で、「いざ困ったときに、どこに行って相談していいか分からない」とお話される方が、思ったよりも多くいる事に気付かされました。そこで、家庭医の役割としては、「誰からの、どんな相談にものれる」という事が大事だと感じ、また外来診療という外来を受診する方を待っているだけではなく、自らが地域に出て行き、地域全体の実情を知り、その実情に合わせたケアを行い、地域全体の健康度をあげることができれば良いことではないか、と考えるようになりました。そういったことから、3年間慣れ親しんだ北海道の地で、現在クリニックから一歩外に踏み出して地域活動を始めたところです。

当院のフェローシップは、今後日本の家庭医として必要となるであろう訪問診療や緩和ケアといった部門も、重点的に学ぶことができるコースです。 卒後年数は関係ありません。ぜひ興味のある方はご連絡ください。

furugen幼稚園で親たちに子供の「事故予防」についてのレクチャーをしている風景。(本人:真ん中)

 

 

 

 

 

 

フェローシップの一例
fellowship

Copyright © Keijinkai Group. All Rights Reserved.