病院紹介

HOME > 病院紹介 > 病院長あいさつ

病院長あいさつ

医療法人渓仁会 札幌西円山病院 院長 浦 信行

当院は1979年6月、札幌市中心部を一望できる西円山地区に開院しました。高齢者医療やリハビリテーション医療を中心とした医療サービス(施設ケア、在宅ケア)を提供しており、病床数は603床を有しています。入院の患者さんは脳血管障害、認知症、パーキンソン病を中心とする神経難病、骨関節系疾患が多く、各々の疾患のニーズに応じて、障害者施設等一般病棟、医療療養病棟、回復期リハビリテーション病棟において専門的な医療を提供しています。 看護に関しては約300名のスタッフが患者さんの療養のケアに当たり、リハビリテーションに関しては、約180名のリハビリスタッフが、回復期から維持期にいたるまでのリハビリテーションを提供しています。

総勢約920名の職員が各々の職種において高い専門性を発揮しながら、患者さん、利用者さんのニーズに合致した医療を提供しています。

2014年4月1日より、前任の峯廻名誉院長の後任として、私が院長に就任いたしました。当院の基本的な理念・姿勢は変わりませんが、時代と共に医療のニーズは変化します。求められる医療の内容と質を常に念頭に置きながら、信頼いただける札幌西円山病院を築いていきたいと思っています。

病院長プロフィール

浦院長浦 信行 (うら のぶゆき)

昭和27年生まれ
昭和53年 札幌医科大学卒業
翌年 札幌医科大学内科学第2講座(循環器内科学)入局
平成20年 手稲渓仁会病院・総合内科部長
平成24年 手稲渓仁会病院・副院長兼総合内科部長
平成25年 札幌西円山病院副院長
平成26年より現職
日本内科学会認定医、日本循環器学会循環器専門医、 日本腎臓病学会腎臓専門医、日本高血圧学会認定専門医 ほか