病院紹介

HOME > 病院紹介

病院理念

親切・丁寧・敬愛

  • 患者さんの人権を尊重し、患者さんとそのご家族に信頼され選ばれる病院を目指す。
  • 高齢者を主とした患者さんにふさわしい、質の高い保健・医療・福祉サービスを提供する。
  • 生涯学習を実践し、人間性と技術の向上につとめチーム医療を推進する。
  • 保健、医療、福祉活動の基盤となる環境の保全と、活動内容の情報提供につとめ、地域社会に貢献する。

臨床倫理方針

  1. 患者さんの人権と意思決定を尊重した医療・ケアを提供します。
    • 患者さんの人権と意思決定を尊重し、十分な説明と同意(インフォームドコンセント)を得ます。 ただし、意思の疎通ができない患者さんの場合は、ご家族など代理人の同意にて医療・ケアを提供します。
  2. 医学的応用を確認し、適切で良質な医療・ケアを提供します。
    • どのようにして危害を避け、医療による恩恵を患者さんにもたらすことが出来るかを常に考えます。
  3. QOL(生命・生活・人生の質)を考慮に入れた医療・ケアを提供します。
    • 患者さんの病歴、診断、予後予測から治療目的を設定し、最も適切と思われる医療・ケアを提供します。
  4. 患者さんと職員とが協力・協同して患者さん中心の公正・公平な医療・ケアを提供します。
    • これまでの生活歴、職歴、経済状態、思想・信条・宗教などについても考慮します。
    • 医療資源は公正・公平に患者さんに配分します。

患者さんの権利 と責務

  1. 患者さんの人権を尊重した適切で良質な医療・ケアを受けることができます。
  2. 親切・丁寧・敬愛をモットーとしたケアを受けることができます。
  3. 医療・ケアの方針について必要な選択肢の情報を得て、自ら医療・ケアの方針を選択することがきます。また、その方針について他の医療機関の医師の意見を聞き、相談することができます。
  4. 個人情報とプライバシーを保護される権利があります。
  5. 提供される医療・ケアについて、情報の開示を求めることができます。
  6. 病院職員と協力・協同して医療に参加していただきます。また、医学研究や治験への参加をお願いすることがありますが、これに同意できない場合に不利益を被ることはありません。
  7. 集団での入院生活ですので、周りの患者さんにもご配慮いただきます。

診療に関する基本見解 ~“説明と同意の原則”も含めて~

多くの診療行為は、身体に対する侵襲(ダメージ)を伴います。通常、診療行為による利益が侵襲の不利益を上回ります。 しかし、医療は本質的に不確実です。過失がなくとも予期せぬ重大な合併症や事故が起こり得ます。診療行為と無関係の病気や加齢に伴う症状が診療行為の前後に発症することもあります。合併症や偶発症が起これば、もちろん治療には最善を尽くしますが、死に至ることもあり得ます。予想される重要な合併症については説明します。しかし、極めて稀なものや予想外のものもあり、全ての可能性を言い尽くすことはできません。こうした医療の不確実性は、人間の生命の複雑性と有限性、および、各個人の多様性に由来するものであり、低減させることはできても、消滅させることはできません。 過失による身体障害があれば病院側に賠償責任が生じます。しかし、過失を伴わない合併症・偶発症に賠償責任は生じません。 こうした危険があることを承知した上で各種の同意書に署名して下さい。疑問があるときは、納得できるまで主治医に質問して下さい。納得できない場合で、且つ時間にゆとりがある場合は、無理に結論を出さずに、他の医療機関の医師の意見(セカンド・オピニオン)を聞くことをお勧めします。必要な資料は提供します。他の医師の意見を求めることで不利な扱いを受けることはありません。

病院長

病院長あいさつ

医療法人渓仁会 札幌西円山病院 院長 浦 信行

当院は1979年6月、札幌市中心部を一望できる西円山地区に開院しました。高齢者医療やリハビリテーション医療を中心とした医療サービス(施設ケア、在宅ケア)を提供しており、病床数は603床を有しています。入院の患者さんは脳血管障害、認知症、パーキンソン病を中心とする神経難病、骨関節系疾患が多く、各々の疾患のニーズに応じて、障害者施設等一般病棟、医療療養病棟、回復期リハビリテーション病棟において専門的な医療を提供しています。 看護に関しては約300名のスタッフが患者さんの療養のケアに当たり、リハビリテーションに関しては、約180名のリハビリスタッフが、回復期から維持期にいたるまでのリハビリテーションを提供しています。

総勢約920名の職員が各々の職種において高い専門性を発揮しながら、患者さん、利用者さんのニーズに合致した医療を提供しています。

2014年4月1日より、前任の峯廻名誉院長の後任として、私が院長に就任いたしました。当院の基本的な理念・姿勢は変わりませんが、時代と共に医療のニーズは変化します。求められる医療の内容と質を常に念頭に置きながら、信頼いただける札幌西円山病院を築いていきたいと思っています。

病院長プロフィール

浦院長浦 信行 (うら のぶゆき)

昭和27年生まれ
昭和53年 札幌医科大学卒業
翌年 札幌医科大学内科学第2講座(循環器内科学)入局
平成20年 手稲渓仁会病院・総合内科部長
平成24年 手稲渓仁会病院・副院長兼総合内科部長
平成25年 札幌西円山病院副院長
平成26年より現職
日本内科学会認定医、日本循環器学会循環器専門医、 日本腎臓病学会腎臓専門医、日本高血圧学会認定専門医 ほか

施設概要

名称

医療法人渓仁会札幌西円山病院

所在地

〒064-8557 札幌市中央区円山西町4丁目7番25号
TEL 011-642-4121 FAX 011-642-4291
E-mail:nisimaru■keijinkai.or.jp

  • お手数をおかけいたしますが、Eメールを送られる際は■を半角の@にしてメールソフトの送信先アドレス欄へご入力ください。

管理者

院長  浦 信行

開設年月日

1979年6月11日

許可病床数

病床数   603床
介護医療院  60床

[病床内訳]
療養病棟入院基本料1       96床 
障害者施設等10対1入院基本料  420床
回復期リハビリテーション病棟2  87床

診療科目

内科・神経内科・リハビリテーション科・循環器内科・歯科

  • 外来受診ご希望の方は、011-644-0232 (平日9時~17時) までお問い合わせ下さい。

職員数

  • 医師 52名(内歯科医師 2名)
  • 看護師・准看護師 324名
  • 介護福祉士 91名・介護職員 59名
  • 薬剤師 20名
  • リハビリ(PT,OT,ST)165名
  • その他 159名

【計 870名】  ※2018年4月1日現在

施設基準

療養病棟入院基本料・療養病棟療養環境加算1・障害者施設等10対1入院基本料・ 特殊疾患入院施設管理加算・回復期リハビリテーション病棟入院料2・薬剤管理指導料・ 感染防止対策加算2・(回復期リハビリテーション病棟)体制強化加算1・脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)・廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)・運動器リハビリテーション(Ⅰ)・ 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)・がん患者リハビリテーション料・通所リハビリテーション・指定居宅介護支援事業所・療養環境加算・集団コミュニケーション療法・神経学的検査・ 検体検査管理加算1・2・CT撮影・MRI撮影・がん患者指導管理料・がん治療連携指導料・後発医薬品使用体制加算1・認知症ケア加算1・患者サポート体制充実加算・看護補助加算・夜間看護体制加算・入院時支援加算・地域連携計画診療加算・診療録管理加算2・退院支援加算2・救急搬送患者地域連携受入加算・無菌製剤処理料・クラウン・ブリッジ維持管理料・ 歯科外来診療環境体制加算・歯科治療総合医療管理料・在宅患者歯科治療総合医療管理料・手術時歯根面レーザー応用加算・う蝕歯無痛的窩洞形成加算・歯科技工加算

診療指定

保険医療機関指定、生活保護法指定、結核予防法指定、特定疾患治療指定、労災保険指定、原子爆弾被爆者医療取扱病院、歯周疾患健診、小児慢性特定疾患治療指定、自立支援指定(精神通院医療)

教育認定指定

日本内科学会認定教育関連施設、日本老年医学会認定施設、日本神経学会認定教育施設、日本高血圧学会認定施設、日本栄養療法推進協議会NST稼動認定施設、臨床研修協力施設

病院機能評価

(財)日本医療機能評価機構 「病院機能評価」認定
〈JC1268-3号〉
 機能種別 慢性期病院 3rdG:Ver1.1

ISO審査登録

品質マネジメントシステム認証(審査登録)〈JSAQ1001〉JISQ9001:2008、ISO9001:2008

在宅サービス

  • 介護保険事業者番号:0170103949
  • 居宅介護支援事業所:札幌西円山在宅ケアセンター
  • 札幌西円山病院:通所リハビリテーション

施設案内

フロアマップ

  • 地上10階 地下1階
  • 医療療養病棟(5B、10)
  • 障害者施設等10対1入院基本料(2、7A、7B、8B、9)
  • 回復期リハビリテーション病棟(6A、6B)
  • 神経内科総合医療センター(3、4、5A)
  • 介護医療院 愛称)にしまるポッケ(1)

療養環境

南棟病室

南棟病室

北棟6階

北棟6階

北棟5階

北棟5階

南棟フロアマップ

7F 屋上
6F 院内保育所
1 2
  10F  病室
1001~1017
 
  9F 病室
0901~0917
 
  8F 病室
8B01~8B17
北棟8Fへ
  7F 病室 研修ホール
7A13~7A15
7B01~7B18
北棟7Fへ
連絡通路 6F ご家族休憩室
リハビリ室 厨房
北棟6Fへ
    南棟8EV南棟7EV  

北棟フロアマップ

南棟8Fへ 8F 看護部  医療安全管理室  医療相談室  
南棟7Fへ 7F 病室
7A01~7A12
 
南棟6Fへ 6F リハビリテーションセンター
病室
6B06~6B13
中央棟6Fへ
  5F  病室
5B05~5B15
5B17~5B18
中央棟5Fへ
  4F 夜間通用口 中央棟4Fへ
    北棟6EV  

中央棟フロアマップ

  7F サンルーム  
北棟6Fへ 6F リハビリテーションセンター
病室
6A01~6A16
6B01~6B05・6B15
東棟6Fへ
北棟5Fへ 5F 神経内科総合医療センター
病室
5A01~5A17
5B01~5B03・5B16
東棟5Fへ
北棟4Fへ 4F 総合受付
総合医局事務室
X線室 CT室 MRI室
正面玄関
東棟4Fへ
    中央棟5EV  

東棟フロアマップ

中央棟6Fへ 6F 理学療法室
作業療法室
茶室
 
中央棟5Fへ 5F 理容室 売店
言語療法室 レストラン 喫茶
ご家族休憩室 
 
中央棟4Fへ 4F 外来受付 診察室
臨床検査室 骨密度測定室
薬局
西棟4Fへ
  3F 地域連携推進室
歯科 言語療法室デイルーム
経営管理室
西棟3Fへ
  2F デイケア室 西棟2Fへ
    東棟4EV東棟3EV  

西棟フロアマップ

  5F 屋上
東棟4Fへ 4F

神経内科総合医療センター
病室
0401~0430

東棟3Fへ 3F

神経内科総合医療センター
病室
0301~0327

東棟2Fへ 2F

病室
0201~0228

  1F

介護医療院 愛称)にしまるポッケ

  B1F 機械室
  西棟2EV西棟1EV

当院の特徴

特色ある病棟編成

患者ニーズを反映し、一般病棟・回復期リハビリテーション病床・医療療養病床を配置しています。

専門的な診療科体制

内科・神経内科・リハビリテーション科・循環器内科・歯科を標榜し、専門医が多く在籍しています。また、要介護・介護老年病患者等に相応しいNST(栄養サポートチーム)や、褥瘡対策活動を推進しています。

在宅サービスとの連携

外来リハビリテーション、居宅介護支援事業所を併設し、入院サービスと連携しています。

リハビリテーションサービスの提供

リハスタッフ(PT・OT・ST:約180名)が、入院患者さんや外来リハご利用者のQOL向上に向けた回復期・維持期リハビリテーションを実践しています。

ボランティア活動の推進

1985年に発足したボランティアグループ「銀の舟」は、現在90名余の会員で運営されています。
活動内容は、趣味活動・お話し相手・患者さん喫茶室の運営等、多岐に渡る活動で医療を通じ、社会参加の場を提供しております。

当院の取り組み

臨床研究

 当院では、各診療科・部門で以下に掲載した臨床研究に取り組んでおります。
 臨床研究とは、病気の予防・診断・治療方法の改善や患者さんの生活の質の向上などを目的とし、国が定めた倫理指針に基づき、ご協力いただく皆さんの人権や安全を最優先に考えて実施されるものです。
 当院で行われる臨床研究は、科学的、倫理的に適切なものであるかを倫理委員会で審査し、承認を受けた上で実施されています。
 臨床研究には、①個別に患者さんやご家族に研究内容のご説明をしてご理解いただき、同意を得て実施する研究と、②対象となる患者さんお一人ずつから直接同意を得るかわりに、研究の目的と方法を公開し、患者さんが拒否できる機会を保証することが必要とされている研究があります。
 上記②に該当する後ろ向き縦断研究の情報公開文書については、下記添付ファイルにて閲覧可能となっております。通常の診療で得られた記録や試料等をまとめることにより行うもので、対象となる方に新たな負担や治療の制限が加わることは一切ありません。また、個人情報を含むすべての資料(試料)については匿名化を行い、個人が特定される情報の流出はありません。ご自身の診療記録や試料等を研究で使用することを望まれない場合や、これらの研究についてお聞きになりたい点などありましたら、下記添付ファイルに記載されている「問い合わせ先」にご連絡ください。

 

病院機能評価

厚生労働省の外郭団体、(財)日本医療機能評価機構が実施する『病院機能評価 認定〈JC1268-3号〉機能種別 慢性期病院 3rdG:Ver1.1』の基準を満たしている病院として認定を取得しました。

ISO9001

品質マネジメントシステムの国際規格 ISO9001の認証(審査登録)を取得しました。

医療公開講座

地域で暮らす高齢者のための公開講座を毎月『かでる2・7』で開催しております。当院が38年間培ってきた老年医療のノウハウを様々な職種が実践を交えながら楽しくお伝えするのが本講義の特徴です。
※道民カレッジ連携講座 健康・スポーツコース:2単位

詳しくはこちら

スマイルカフェ

認知症の方とそのご家族、地域の方を対象とした認知症カフェ(名称:スマイルカフェ)を当院『喫茶室』にて毎月開催しております。
ミニ講義や体験コーナー、相談会といったプログラムをご用意しておりますので、お茶やお菓子を楽しみながらお気軽にご参加下さい。

詳しくはこちら