各部門

HOME > 各部門 > 栄養科

栄養科

栄養科 岡村寛子

栄養科では、リハビリや治療を行う患者さんに入院中でも温かい食事を提供する事や月ごとの行事食、季節ごとに合わせた食材を使用し、入院していながらも季節の移り変わりを感じていただけるような家庭的な雰囲気の食事を提供することで栄養面、精神面から身体の回復の支えになるような食事の提供を目指しています。

また、栄養管理はすべての治療の基本となります。しっかりと栄養が確保されていないとリハビリや治療の効果を高めることができないため、患者さん全員に対して担当管理栄養士により個々に合わせた栄養管理を実施しています。医師や看護師、セラピストなど多職種と連携をはかり疾患、食事の摂取率や体重などの栄養状態、リハビリでの運動負荷量変化に合わせて必要に合わせて食事形態や栄養量の調節を行っています。