病院概要

HOME > 病院概要 > Kプロジェクト

Kプロジェクト

 新病院の計画は、渓仁会グループ全体で取り組む事業であることから「Kプロジェクト」と名付けられ、準備を進めてきました。回復期リハビリテーションを軸に、在宅支援や介護予防などさまざまな機能を持たせることや、アクセスなども考慮し、市の中心部に近い桑園地区での開設としました。新病院は回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟を持ち、急性期医療と在宅復帰を含む維持期医療をつなぐ要の役割を果たします。

 地域包括ケア病棟では、幅広い年代・疾患に対応したいと考えています。また、地域を支える役割として、在宅療養支援病院と在宅支援リハビリセンターの機能を担い、訪問診療や通所・訪問リハビリテーションのほか、訪問看護事業などの併設を予定しています。

  • 1 在宅療養支援病院
    患者さんがご自宅で療養生活を送れるように、24時間体制で訪問診療や訪問看護などを提供する病院のこと
  • 2 在宅支援リハビリセンター
    かかりつけ医へのリハビリ支援を行うとともに、自立生活・社会参加を支援する役割を果たす基幹的リハビリ病院・施設のこと