病院概要

HOME > 病院概要 > 渓仁会タウン構想・Kプロジェクト

渓仁会タウン構想・Kプロジェクト

渓仁会タウン構想

 新病院ではリハビリの観点から地域に暮らす人たちを支援する仕組みを構築し、超高齢社会に対応できるまちづくりの拠点となることを目標にしています。つまり、病気の時以外でも、何かあったらあの病院へ行こうと頼られる存在になりたいと考えています。

 これは、地域包括ケアシステムのモデルとなる取り組みでもあります。新病院の開設を機に、さまざまな医療機関や施設・事業所、行政機関やNPO法人、地域活動ともかかわりながら、いつか理想的な「ケアタウン」をつくること。地域の力を活かし、人々が安心して、生き生きと暮らせるようなまちづくりに貢献することは、同プロジェクトがめざす目標の一つです。

 病気や障がいのある方でも、一緒に暮らせることが当たり前の地域になるように、これまで病院の中にとどまっていたサービスを地域全体に広げていきたいと考えています。

 リハビリテーション医療を通じて地域と人を支える使命を果たすために、新病院としての挑戦と考えています。

Kプロジェクト

 新病院の計画は、渓仁会グループ全体で取り組む事業であることから「Kプロジェクト」と名付けられ、準備を進めてきました。回復期リハビリテーションを軸に、在宅支援や介護予防などさまざまな機能を持たせることや、アクセスなども考慮し、市の中心部に近い桑園地区での開設としました。新病院は回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟を持ち、急性期医療と在宅復帰を含む維持期医療をつなぐ要の役割を果たします。

 地域包括ケア病棟では、幅広い年代・疾患に対応したいと考えています。また、地域を支える役割として、在宅療養支援病院と在宅支援リハビリセンターの機能を担い、訪問診療や通所・訪問リハビリテーションのほか、訪問看護事業などの併設を予定しています。

  • 1 在宅療養支援病院
    患者さんがご自宅で療養生活を送れるように、24時間体制で訪問診療や訪問看護などを提供する病院のこと
  • 2 在宅支援リハビリセンター
    かかりつけ医へのリハビリ支援を行うとともに、自立生活・社会参加を支援する役割を果たす基幹的リハビリ病院・施設のこと